ファッション雑誌で度々出てくる言葉”ゴシック系”って?

ゴシック系とはドイツから由来する音楽文化を元にした装いや衣類の事です。
ゴシックロリータ、通称ゴスロリで知られているように
このゴシック系では黒のカラーリング、メタルやパンク音楽、コウモリ、そして十字架など黒魔術的なシンボルが
キーポイントとなっています。

Tシャツにこれらの意匠がプリントされていればゴシック系である、ともいえるので
アイテム自体は老若男女気軽に着用しやすい傾向にあります。
もちろんそれぞれの年代・性別に合わせる工夫は必要ですが基本、シックにコーデすれば良いだけなので
着こなしの面でそこまで難しく考える必要は無いです。
年齢が高めの方は渋さも意識するとさらに魅力が増しますよ。

軽く前述した通り着こなしや扱いの際はそのダークなイメージを活かした構築にするのがオススメです。
モノトーンで決めれば一層黒さが映えますし、なおかつ軽装気味にすればよりシンボルやプリントが目立ちやすくなります。
音楽的イメージを高めたいならばリング、ピアス、チョーカーなどのアクセサリーを身に着けても良いでしょう。

メタル系、パンク系のライブなどに来ていく際の服装としてゴシック系を選んでみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です